確実なもの 不確実なもの

11/07
あるコンテストの二次予選で落ちて泣いた人がいました。


こんなに頑張っているのに

絶対自分は人より細やかな○○をしているのに


普段の言動からその人がそう思っているような気がしました。



本番で、試合で、自分が思うようなパフォーマンスができなくて落ち込むのはいいと思います。

なぜ、ああできなかったんだ!とか。


でも、自分よりうまい人、強い人がでてきちゃったら、

ジャッジの採点が自分に有利でなかったら、

たとえ自分が自己ベストを出せたとしても、それはもうどうしようもないことです。


なんで、あの人が審査員だったんだ!
なんであんなうまい人が彗星のように出てきたんだ!

といっても空しいですよね。
それは、不確実なことなのです。


確実性のあるものは、

自分が持てるものを発揮できるかどうか。
去年より成長した、と実感できるかどうか。

そういうものです。


不確実なものを自分の達成感の証にすると、大変になります。

マラソンで金メダル。

これはもう、自分が前回より進歩していても、その上を行く人がいたらとれないわけです。
不確実な目標を立てる人は、本当にすごいレベルなんでわかりませんが。

フルマラソンで4時間を切る。

こういう目標なら、確実性があり、いいのではないでしょうか。
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

かおり

Author:かおり
アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン
グランドピアノと演奏に役立つ解剖学を使ってレッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっと上達したい、いい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活し、念願のオーケストラとの共演も果たしました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

最新記事
無料メルマガ登録
美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム