タイトル画像

確実なもの 不確実なもの

2016.11.07(15:46) 874

あるコンテストの二次予選で落ちて泣いた人がいました。


こんなに頑張っているのに

絶対自分は人より細やかな○○をしているのに


普段の言動からその人がそう思っているような気がしました。



本番で、試合で、自分が思うようなパフォーマンスができなくて落ち込むのはいいと思います。

なぜ、ああできなかったんだ!とか。


でも、自分よりうまい人、強い人がでてきちゃったら、

ジャッジの採点が自分に有利でなかったら、

たとえ自分が自己ベストを出せたとしても、それはもうどうしようもないことです。


なんで、あの人が審査員だったんだ!
なんであんなうまい人が彗星のように出てきたんだ!

といっても空しいですよね。
それは、不確実なことなのです。


確実性のあるものは、

自分が持てるものを発揮できるかどうか。
去年より成長した、と実感できるかどうか。

そういうものです。


不確実なものを自分の達成感の証にすると、大変になります。

マラソンで金メダル。

これはもう、自分が前回より進歩していても、その上を行く人がいたらとれないわけです。
不確実な目標を立てる人は、本当にすごいレベルなんでわかりませんが。

フルマラソンで4時間を切る。

こういう目標なら、確実性があり、いいのではないでしょうか。

ピアニスティックノート


<<なぜか、手を見るといいようです | ホームへ | それが自分の器なのです>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaorilavender.blog.fc2.com/tb.php/874-6e0f8b76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)