なぜか、手を見るといいようです

パソコンに、ピアノに、手を伸ばしますよね。


その時にかなりの勝負は決しているんです。

??

その、手を対象物に持っていく動作、
無意識にやっていませんか。

いつもの通り。

なんとなく。

何の気なしに。


この、なんとはなし、無意識で、上手くいっていますか?
そうならばいいです。


意識するとうまくいきやすい方法があれば、

どうでしょう?


そのやり方は、

動かす自分の手を見る、というものです。


私たちは自分の手に対して、あまりにも無頓着なのです。

だから、習慣のままに動かしてします。

それで弾けば、習慣のまま、いつものようになります。


頭と脊椎の関係を考え、ピアノを弾きたいと思い、手を見て、

もってきましょう。


手が空間を移動していくのを見てください。

時間をとっていいのです。


お試しください!



美しい音を探求するピアノボディスクール メルマガ
HP

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
美しい音を探求するピアノボディスクール
グランドピアノと骨格標本を使った講座・レッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっといい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活しました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

無料メルマガ登録

美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ページの先頭へ戻る