スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍵盤の奥の汚れをハンカチでゴシゴシ。その時の手が”張り”です!

想像してみてください。

お醤油を、ピアノの白い鍵盤のふたギリギリのところにたらしてしまいました。

3日たって、カピカピになっています。(そんなことはあり得ませんが)


どうしますか?

やわらかい布で拭きますよね。


その時、手は、指はどうしていますか?

それが本日のお題です。


ハンカチを使うエクササイズをレッスンで生徒さんにしていただくことがあります。

ハンカチで鍵盤を左右に大きく、さー!っと拭いてもらうのです。

指先の力を完全に抜いてしまうと、ハンカチがずれてしまいます。


ハンカチが落ちない程度に、かつ、手首は必要な時に必要なだけ動く。

そういうエクササイズです。


今日は、ハンカチをタテに使います。鍵盤の手前と奥の方向です。

体の力を腕、手、指が伝達しないと、鍵盤のお醤油はとれませんね。

正に指先が一番効果が出るようにします。


それが手に張りがある、という状態です。

無駄な力を入れない=張りがない、ということではないのです。


次に、シ~ファくらいの白鍵を中心に、ハンカチと5本の指を置いて、ゴシゴシして見てください。

こびりつきを落とすイメージで。


その手で、メロディーを弾いてみましょう。


メロディーが強くなくても、カンタービレで弾きたい。

そんな時、そのゴシゴシの手を思い出してくださいね。



美しい音を探求するピアノボディスクール
4回の無料メールマガジンはこちら メルマガ

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。