タイトル画像

あんたが大将!コンチェルトの推進力

2017.03.13(13:54) 884

車の中では最近ずっとコンチェルトのCDを聴いています。

ツイートもしましたが、ああ、ここだよここ!
そうだったのね!

と、レッスンでできるようになったこと、楽曲のすばらしさなど、いろんなことが感じ取れて、涙が流れることがあります。

おそらく、2016年度はピアノ練習で50回、ピアノを弾いていないときには100回くらい涙を流したと思います。いい涙です。

土曜日の夕方のことです。また運転しながら聴いていました。

これって、ピアノコンチェルトを推進する力って、ピアニストの望みじゃない?と、気づいてしまいました。

そういえば、レッスンの原動力は生徒さんにあるんだよ、とジェレミーが言っていたけど、コンチェルトも同じだ!

もちろん協奏曲ですから、協力して演奏します。みなさんがバックアップしてくれます。コンマスもマエストロもいてくれます。

それでも、ピアノコンチェルトにおいてはピアニストが牽引力。
ピアノ、というより、ピアニストが、です。

あんたが大将。

その事実を確認すると、自分に力が満ち溢れませんか?


ピアニスティックノート


<<他人のために働く脳 | ホームへ | 筆の毛先をどこでコントロールしますか?>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaorilavender.blog.fc2.com/tb.php/884-9c102452
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)