FC2ブログ

記事一覧

他人のために働く脳

私は通っている学校で通訳をしています。

講義の通訳がほとんどです。
短いクラスでも3時間あるのが普通です。

今日は祝日ですが、いつもと違う授業がありました。
やはり3時間です。

15分から20分くらいの休憩を間にはさみますが、
3時間は短くはありません。

ほかのことを考えたり、ちょっと集中を失う時が、
人間ならあると思います。

私も受講者なら正直そうです。英語を理解するとはいえ、自分のためだけに3時間聴いていられるか、と言ったら、NOです。

ですが、通訳をしている時は、ずっと先生の言うことを聴いているんです。不思議です。(手前みそながら、通訳という、難解な作業を一瞬で行ってさえいるのです。)

ほかの人が介在するからこそできるのだと思います。自分がやっていることが、授業を成立させているのですから。

子どもがいる人なら、親として、このためならできる、ということがあります。

生徒さんがいると、教えている立場では自分のためなら思いつかないグッドアイディアが湧いてくるのです。

人間って素晴らしい!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きたがわかおり

Author:きたがわかおり
美しい音を探求するピアノボディスクール
アレクサンダーテクニーク教師(仮免許実習中)
グランドピアノと演奏に役立つ解剖学を使ってレッスンをしています。
HP https://kaorikitagawa.jimdo.com
もっと上達したい、いい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けない、本番を楽しみたい、というを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活し、念願のソロコンサートやオーケストラとの共演も果たしました。

アレクサンダーテクニーク教師(仮免許実習中)として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender
FB Kaorin Kitagawa
英語、読書
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

ピアノを楽に弾く体の使い方・無料メール講座

美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

メッセージはこちらから・メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: