響き渡るラ・カンパネラ レッスンのご感想

04/19
生徒さんのご承諾をいただけたので、個人コースのご感想を紹介します。

全体のご感想:

体の軸の部分が演奏にとって大切なことがわかりました。

演奏に必要な筋肉や、力を抜くため、ほぐすためのエクササイズなど、参考になりました。

驚くほど弾いているときの体や腕が楽になってびっくりしました。

引用終わり

美しい音を探求するピアノボディスクールでは、ピアノを弾くためのボディマップで全身を網羅し、実際に演奏なさりたい曲を弾きながらレッスンをしていきます。

今回コースを終えた方は、毎回ラカンパネラを弾かれました。

間近で聞いていて、毎回の変化に感動してしまいました。

個人コースでは、レッスンでやったことを次のレッスンまでに生徒さんが練習することで、格段の向上が可能となります。

手元でなっていた音が、大きなドーム状に響くようになりました。

楽に鍵盤が沈むようになりました。

トレモロや連打、半音階、オクターブなど、ラカンパネラの難しいフレーズがすべて改善してしまいました。

ペダルを踏んでも演奏が安定しました。

楽譜を見るときの視野が広くなりました。

より繊細なタッチと、美しい響きが実現しました。

腕や腰にに無理がかからなくなりました。

数え上げればきりがありません。

最終日は、中庭でもワークしました。外に出る際、廊下を歩くとき、階段を降りる時も応用のレッスンができました。

脚が軽い!
靴音がしなくなってしまいました!

私もびっくりです。

このように、日常生活の動作も一緒に改善してしまうのが、スクールの特長でもあります。

私自身、6:45に出る家族のお弁当作りが始まり、朝は死んでる~と言っていましたが、1時間のレッスンを終えると、治っていました!!!

生徒さんがリストを弾けて、私も軽くなってしまう、素晴らしい時間でした。


脱力でもなくて、これは何というのでしょう?ぜひご体験ください。

美しい音を探求するピアノボディスクール、5,6月のお申込みもお待ちしております。
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

かおり

Author:かおり
アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン
グランドピアノと演奏に役立つ解剖学を使ってレッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっと上達したい、いい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活し、念願のオーケストラとの共演も果たしました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

最新記事
無料メルマガ登録
美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム