FC2ブログ

きたがわ かおり アレクサンダーテクニーク教師(仮免許)

無心で向かう 2時間超の大曲レッスンを受けられた訳

台風の影響が気になりますね。

土曜日の昨日は、ピアニストの先生のレッスンを受けてきました。

ショパンの協奏曲は1楽章を弾いたので、次は3楽章です。

2楽章は併行しておいおい弾くとして、やはりラスボス3楽章を早めに目途をつけたいですからね。(11月から1楽章を始めたものの、難所が複雑すぎて、最後は追い上げるしかなかったので大変でした。)

コンチェルトは時間もかかり大変で特殊ですが、理想的には、常に半年先、1年先、その先を見越して選曲、勉強、演奏していきたいと考えています。

となると、次の9月まで、コンチェルトは日の目を見ません。

それでは寂しすぎます、クリスマスコンサートに弾く曲もないなんて!
そこでバッハプログラムを構想していたころのWordファイルを開いてみました。

シャコンヌをまだ弾いていないではないですか!

弾けるかなんてわかりませんが、とにかくその日のうちに9月29日に、手を付け始めました。

楽譜自体は10数年前に手に入れて、ちょいちょいやって見てはいたのですが、弾ける気がしなかった。

9月に弾いてみて、自分の変化に気付きました。ショパンでは細かい音が多かったのですが、ブゾーニ編のシャコンヌは重厚な多声が特徴的です。

響きが厚くて、自分でもこんな音が出るなんて、と驚きました。
いきなり両手で弾ける部分が増大していました。
タッチタイピングというか、タッチの精密度が上がっていました。

つまり端的にいうと腕があがった、ということでしょうか。

なんかショパンよりこっちの方が早くできそう。
そう、正に今弾くべくして弾いた!と言う感じです。

楽しくてしょうがありません。


前置きが長くなりましたが、10/21に早速2時間のレッスンをお願いして、3楽章とともに見ていただきました。
初めて先生の前で弾く3楽章は、いやはや大変でした。両手で弾くと、まだまだゆっくりでもクリアーでないところが丸わかりです。

大事なのは、そこで、自分をジャッジして、弾けてない!だめだ!と言ってしまわないこと。
何度も自己嫌悪に陥りかけました。でも、弾けないからこそ習っているのです。

自分をジャッジしてもいい音は出ない、指も動かない。そのことは自分が一番わかっているのです。

ひたすら無心でピアノに向かいました。
私と先生とピアノがあるというより、そこに演奏とレッスンだけがありました。

1時間以上3楽章をレッスンしていただいたのち、シャコンヌに取り掛かりました。
すべてのフレーズにアドバイスをいただいて、もう並みの充実度なんてものじゃありません!

あっというまの2時間でした。

頭がすっきりしていました。
腕もさほど疲れていません。むしろ今まで練習した時より楽です。
帰ってからも録音を聴いて、ピアノでもおさらいしました。

生徒としてレッスンを受けながらでも、全身の協調をもたらす建設的思考は役に立ちます。
練習の質、レッスンの質をあげることができ、同じ時間の練習でも充実度があがります。

なにより疲れにくくなり、練習量も増やすことができます。
それも根性の練習時間、ではなく、建設的な練習です。

ただうるさい音ではなく、ピアノの響きを体で止めてしまわない、デリシャスな音に囲まれて練習できます。

コンチェルトやシャコンヌが弾けることも素晴らしいですが、一人でいても、充実した時間がピアノと過ごせる幸せがありました。

これこそピアノを学ぶ人の醍醐味ですよね。


お申込み受付中。
少人数で体験できるセミナーです。11/3,12/10 @江東区

ヤマハフルコンCF-IIIで体験するアレクサンダーテクニークセミナー

0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment