FC2ブログ

きたがわ かおり アレクサンダーテクニーク教師(仮免許)

練習とは動きを洗練するプロセスです キャシーの言葉

アレクサンダーテクニークの先生を養成する先生を、マスターティーチャーと呼びます。

シアトルのキャシーは世界的マスターティーチャーの一人です。毎年日本で教えてくれています。
今日は彼女の言葉を紹介します。

ホルンを吹く生徒さんが、どうして練習をするのかという疑問を持った時でした。

プロの人たちも練習します。それは動きを洗練するためよ。

キャシーはそういいました。
わかっていそうで、あまりわかっていなかったことでした。

既に弾ける曲の演奏。その質を高めるには動きの質を、音程の精度を、音質を、ピアノならタッチを洗練していく必要があります。

新しいことを習得する練習、コンサート前にさらう練習だけが練習ではありません。
日々やっている動作、既にできることをさらに無駄なく効率的にしていく探求のことです。


自分の協調作用を働くようお願いする思考を使い、
身体的に心理的に有用なやり方、アイディアを実験します。

こうも弾けたけど、こう考えて弾くとより繊細な表現がしやすくなる。音量が得られる、より正確に弾ける・・・
そういうものを無限に見つけていくことができます。

アレクサンダーではレッスンが実験のプロセスなので、そのやり方を自分の練習でも活用しやすくなるのです。

新しい曲の勉強にも、本番前にさらうことにも、もちろん活用できるプロセスです。

音符に追われるだけは嫌。
レパートリーを増やしつつ、質を高める。これをやりたいわけですよね。

例えばタッチを洗練できれば、どの曲でもそれをいかすことができます。
譜読み、仕上げ、復習、もちろん演奏が面白くなります。

タッチを洗練しつつ多くの曲を学べるようになるやり方があるとしたら、試してみたいと思いませんか?

  • 2017/11/18 (Sat) 08:06

0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment