FC2ブログ

記事一覧

ゆめゆめ己(おのれ)を過小評価するべからず!ピアノを愛するすべての人へ


祝日からクリスマスに入ると、今年も終わりだなあ、という気持ちが強まってきます。

そんな時、この一年の自分を振り返ったという人のブログを読みました。

新しい活動に挑戦し、自分に向き合い、過去に向き合い、未来へ生きると決意されたその人は、今やものすごく吹っ切れた本当の彼女となっていました。

見栄、虚栄心
完ぺき主義、
他人からの評価、
心の中に巣食う真面目に生きよという親の声
どうせ自分はという卑屈な心
優越感
自己否定

こういうものは、だれでもあると思うんです。


タイトルに書きましたけど、ほとんどは自分を過小評価していることから来るんですね。

息をしている、生きている。

それだけでも偉い!


成長しようともがいている。

素晴らしいじゃないですか!


やる気が出ない自分を許せない。

素晴らしいじゃないですか!


休むときも必要。

そしてやる時は肚を決めてやればいいのです。


やろうとして失敗して、恥かいて、褒められて、うぬぼれて、失敗して。

それでいいじゃないですか。

生きているんだから。


ピアノをやっていると、自分よりうまい人って星の数ほどいるんです。

自分なりにうまくなったと思うと同時に、天才に接して、己の才能のなさに絶望するんです。


でも、それに気付けたのは、やってきたからです。

一流のよさがわかるところまで来たからこそ、気づけた。


一生懸命やった結果、自分の理想に到達しないかもしれない。

そのおそれを抱きながら飛び込んできた人だから、わかるようになったのです。


だから、(例ですけど)プロコフィエフを弾いた人よりモーツァルトを弾いた自分は劣っている、なんてゆめゆめ思わないでください!!

それが過小評価です。


だって、演奏したんでしょ?やったんです。

どういうことが待っていようと、やりたい!という自分の心に従い、やりきったのだから。


上に書いたようないじけた人は、やりたい、とそもそも声を上げることができません。

やらないから失敗も目立たないだけです。


アートにおいて、おそれは一番厄介なのです。

それを超えた人は次を見ることができる。

おそれを乗り越えて演奏した自分を褒めてください。


自分を過小評価していることに気付けたら、自分を褒めましょう!

あなたはもっとやれる!!

もともと素晴らしいのですから。

きたがわかおり


新年の体験セミナー@江東は1/28㈰ 13:20-

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きたがわかおり

Author:きたがわかおり
美しい音を探求するピアノボディスクール
アレクサンダーテクニーク教師(仮免許実習中)
グランドピアノと演奏に役立つ解剖学を使ってレッスンをしています。
HP https://kaorikitagawa.jimdo.com
もっと上達したい、いい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けない、本番を楽しみたい、というを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活し、念願のソロコンサートやオーケストラとの共演も果たしました。

アレクサンダーテクニーク教師(仮免許実習中)として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender
FB Kaorin Kitagawa
英語、読書
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

ピアノを楽に弾く体の使い方・無料メール講座

美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

メッセージはこちらから・メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: