FC2ブログ

記事一覧

練習不足と感じる時?!なんの練習が必要かを検証しよう!

もっと練習が必要だ!
練習不足だ
練習ができていない
練習しなきゃ

そういう気持ちに追い立てられることはピアノをやっているとあると思うんです。

時間をとれていない時に、そういう感情に駆られるわけですが、ピアノに向かっていないときほど、どんな分野の練習が必要か検証してみませんか。

ある程度経験を積んだ方なら、

暗譜ができていないのはあの辺だ

とか、

弾けなくなるフレーズはあの辺だ

と、すでに分析ができているかと思います。

対応法もだいたいわかっていますね。

で、弾けていないフレーズ、です。

それは、

1 音符が頭に入っていない
2 頭ではわかっているが弾けない、
3 ゆっくりなら弾けるけど速く弾けない

のどれに当てはまるかによって、必要な練習が変わってきます。

特に、1は、譜読みで明確になっていないのにほかの部分が弾けるから、なんとなく楽譜を見ながら弾いている、可能性が高いので、初心に帰ってその部分を丁寧に譜読みしましょう。

2 これは多いと思います。私の場合は、アレクサンダーの原理を使いながら、ウォームアップエクササイズなどでもご紹介しているアプローチを使います。運動の観点から弾きやすい音型の捉え方を分析したり。ピアノの先生が教えてくれる練習法なども有効ですね。

3 これが厄介です。最近FBで投稿してじわじわ反応をいただいているのですが、大脳でやっていなかったことを小脳ではできない、というお話です。

ゆっくり練習だけをしても、速くは弾けません。ゆっくり練習は、フィードバックを使ってその都度微調整、つまりごまかしながら弾いている可能性が高いのです。

大脳で速く弾くデータがないのに、小脳にやれと言ってもできません。

自転車に乗れるまで、ぐらぐら練習しましたよね。乗れたらいつも乗れるようになっています。それは小脳が運動を学習してしまったからです。

暗譜は小脳に移管するまでやる、という動画でもご紹介していますが、大脳でやったつもり(フィードバックを使ってごまかす)だけでは、通してすらすら(フィードフォワードを使って)弾けない、ということになります。

曲の中で1.2.3.が混在していると思うので、どこにどの練習が必要か、検証して練習することをおすすめします。

レッスンではそういったアプローチも扱っています。

フルコンサートグランドを使った体験セミナー 受付中

2/25 ㈰ フルコンを使った体験セミナー
3/31 ㈯ 同上

お願い

2月中旬より、教師資格のため、アレクサンダーテクニークの実習レッスンを受けてくださる方を募集します。

手続き代15000円のみで、30分個人レッスンを10回受けていただけます。
週に2回程度のペースで受けられる方。
ご希望の内容でレッスンいたしますが、こちらの勉強も兼ねていることを承諾いただける方。

まずは2-3月で受けられる方を募集します。その後4名募集します。

実習レッスンのお問い合わせは
メール kaorilavender8@gmail.com へお願いします。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きたがわかおり

Author:きたがわかおり
美しい音を探求するピアノボディスクール
アレクサンダーテクニーク教師(仮免許実習中)
グランドピアノと演奏に役立つ解剖学を使ってレッスンをしています。
HP https://kaorikitagawa.jimdo.com
もっと上達したい、いい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けない、本番を楽しみたい、というを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活し、念願のソロコンサートやオーケストラとの共演も果たしました。

アレクサンダーテクニーク教師(仮免許実習中)として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender
FB Kaorin Kitagawa
英語、読書
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

ピアノを楽に弾く体の使い方・無料メール講座

美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

メッセージはこちらから・メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: