FC2ブログ

きたがわ かおり アレクサンダーテクニーク教師(仮免許)

ミスタッチを恐れるな!ウェストニー著に練習とレッスンの奥義あり?!

こんにちは。

アレクサンダーテクニーク教師(仮免許)のきたがわかおりです。

昨日からとても良い本を読んでいます。

読了まえですが、早速心に良い意味でひっかかる言葉に出会ったので紹介させてください。

第4章 手順を追って 健全な練習のガイド
P.116より引用

みんなが従わなければならない普遍的なレシピというものはない。すぐれた進路は、その場で感じたことに基づいて、その瞬間ごとにしか見えてこないからだ。なにかをためしてみて特定の結果が得られたときだけ、次になにをすべきかがわかる___戻って繰り返すのか、先に進み、もっと小さいまたはもっと大きいセグメントに注目するのか、またはまったく新しい戦略に取り組んでみるのか。こうしてよどみなく中立的な、起きていることに素直になる姿勢、(前もって考えていたことに関係なく)現実を受け入れる気持ちを、ゲシュタルト心理学では「気づきの連続体」と呼んでいる。これは非常にさわやかで穏やかな心理状態で、生産性も最大限に高まる。

どうしてここを紹介したくなったかというと、私が学んでいるアレクサンダーテクニークのティーチングでディレクター教師の方たちから私が教師(仮免許)になるに際して言われたことが、ここに集約されているからです。

また、この文の前の章は、実りあるミスというチャプターです。正直なミスは気づきを与えてくれる良いものとされています。あれはたまたまミスっただけだ、と無視して忘れてしまうと、あとでやはりそれは何かの形で現れる。でも、誠実にミスしたところを分析すれば、間違った音は正しい音の卵、ともいえるのだ、というようなことも書いてあります。

音楽をする私たちにとって、なんとも心強い言葉ではありませんか?

一発で見抜いて、改善策が提案されて、生徒さんが即実行できて、その人にその瞬間効果がある、なんて魔法はありません。一度でうまくいく時もレッスンではもちろんあります。

でも、アレクサンダーテクニークのレッスンでは、生徒さんを尊重しつつ観察して集めた情報を分析し、実験を提案します。その際に生徒さんがご自身の全身の協調をお願いするお手伝いをします。実験から体験したことをもとに、また次に進んでいく、というプロセスに意味を置いています。

正に上に引用したような”よどみなく中立的な、起きていることに素直になる姿勢”、で教師、生徒ともに進めていくレッスンです。

生徒さんもただ受け身で教わるだけ、ではなく、自分でレッスンで得たことを実践していただく必要があります。アレクサンダーテクニークは自分でやって学んでいくテクニーク、なのです。

さて、ただいま、教育実習の生徒さんを募集しています。

30分の個人レッスンを5週間程度で10回受けられる方。(東京近郊)
レッスン料はかからず、手数料のみお支払いいただきます。
手数料は15000円。事前に学校へ入金いただきます。
修了レポートを書いて提出していただける方。

まずは3-4月にできる方を探しています。

ちょっと興味がある、という方も、一度ご連絡ください。

メール
kaorilavender8@gmail.com

ツイッターでフォローしていただいている方はDM
@kaorilavender

FBでフレンドの方はメッセンジャーでも構いません。
Kaorin Kitagawa

HPのお問い合わせフォーム 美しい音を探求するピアノボディスクール
2/25の体験セミナーを受けてから考えたい、という方もご連絡ください。上記HPです。

きたがわかおり





0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment