FC2ブログ

記事一覧

ピアノで右を射んと欲すれば左を射よ!左手から練習してみよう

みなさんはピアノを練習するとき、もし片手でするとしたら、右左どちらからやっていますか?

なんとなく、右からしている、という人多いかもしれません。

どうせ両方やるからどちらからでもいいじゃん・・・
そうかもしれませんが。

これからはまず左からやってはどうでしょうか?

右と左、5:5、もしくは6:4が従来だとしたら、

左からやって右が4、左が6、もしくは3:7くらいになってもいいかもしれません。

ピアノにおいてはどちらも重要性は同じくらいです。

それでも左手の音型の上に右のメロディーが流れているので、

まず左を把握してきれいに弾く、
流れを頭に入れる、
きれいに響かせる
アーティキュレーションを丁寧につける

ということをやってから、右手を練習するのです。

左手が自分の中に流れていて弾けるので、同じ右練習でも得られるものが多くなり、仕上がりがいいと思うのです。

右の華やかさにばかり目を奪われないで、左手の素敵なハーモニーの変遷に心を向けてみてください。

あなたの演奏がより深くなり、面白さが増していきますよ。


アレクサンダーテクニーク教師(仮免許)
北川香里

美しい音を探求するピアノボディスクール個人コース随時受付中 HP
3/31㈯ 11-体験セミナー@江東、フルコン利用個人レッスンあります。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きたがわかおり

Author:きたがわかおり
美しい音を探求するピアノボディスクール
アレクサンダーテクニーク教師(仮免許実習中)
グランドピアノと演奏に役立つ解剖学を使ってレッスンをしています。
HP https://kaorikitagawa.jimdo.com
もっと上達したい、いい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けない、本番を楽しみたい、というを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活し、念願のソロコンサートやオーケストラとの共演も果たしました。

アレクサンダーテクニーク教師(仮免許実習中)として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender
FB Kaorin Kitagawa
英語、読書
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

ピアノを楽に弾く体の使い方・無料メール講座

美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

メッセージはこちらから・メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: