FC2ブログ
二十歳のモテ期を捨てて手に入れたもの

二十歳のモテ期を捨てて手に入れたもの

モテキ


「このままこの家の娘になっちゃうのもありなのかな?」
三日目の朝、脳裏をよぎった考えにわたしは自分で驚いた。

二十歳の春休みに、わたしは本州でない遠くに住む知人の別宅を二泊三日の予定で訪れていた。ある人と過ごすためだった。

気が合う人。相性がいい人。誰しもそういう人にときにめぐり合う。
その人はいくつか年上の男性で、教育に携わっていた。そしてわたしと気が合った。

東京から来たわたしを、彼は空港まで迎えに来てくれた。テニスをしたりゴルフをしたり、ドライブをしたりした。
南国の草花を使ったデザートやドリンクをいただいたりもした。夜は知人ご夫妻と、その息子であるその人と食卓を囲む。

彼とは恋人ではなかった。が、どう見てもわたしは家族ぐるみで歓迎されている”てい”である。
二十歳の未婚女性がこの状況をどう捉えるべきだろう?

彼はどう思ってるのかな? 相手が大人すぎてわからない。手をつないだこともない人とそんな可能性があるのか。
ご夫妻は何も言わない。

そういえば、ドライブ中に彼からキーワードめいた発言があったことを思い出す。

これだけ仕事を任されていて、いくらぐらいはもらえるんだよ。
かおりくんはこっちで英語の先生になればいいんじゃない?
ぼくが結婚したんじゃないかって学生に噂されてね。

特に最後の言葉を話す声は弾んでいたような気がする。
空港から現れたわたしに赤いバラを一輪くれたけど、これって深い意味あったのかな?
こっちで、とは?

教授と翻訳に取り組んでいると話したら、その書籍に関連するドキュメンタリーのビデオを送ってくれたこともあった。
会ったときには長いレンズのついたカメラでわたしを撮って、現像した写真を送ってくれた。
おすすめの映画として、愛と青春の旅立ちや慕情のビデオも送ってくれた。

映画のチョイスに深い意味があったのだろうか。

いやいや、とにかく楽しそうだから遊びに来たのだ。
それがどっこい、どうも予想以上に家族、なんですが!

当時わたしは大学で知り合った初めての彼氏と別れたばかりで、死にたいほど打ちひしがれていた。
まだ学生の彼と別れる前、二人でいる場に夏休みだった西の彼もきて、鉢合わせしたこともあった。

あの時デートの場からお引き取り頂いた西の彼が、春休みに遊びに来ればと誘ってくれたのだった。
失恋した女子大生が、実の父親とスキーにいったばかりだった。わたしにだってそのくらいの気晴らしは許されるだろう。
学生の彼はどうしたかと聞かれなくてありがたかった。

もしこれが恋愛なら、遠くへ会いにいくなんて、わたしのポリシーに反する、身上をつぶすような大盤ぶるまいだ。わたしにとっては、年の離れた兄のような感覚だった。今回はなにか巡り合わせめいたものを感じて、わたしは遊びに来ていた。

だが、なんなんだ、この雰囲気は。
まずい。予想以上にまずい。
なにより失恋直後は誰かとそんなに親密になるタイミングとして、極めてよろしくない。わたしはそう都合よく彼氏を乗り換えるような人間ではない!

とはいえ、彼も今まで通りの態度だ。大人ならそういう風に接することができるのか? 運転する彼を横目で見るが、わたしにはわからなかった。一つだけ確かなのは、恋人だった学生の彼といる時にはなかった、安心感があったことだ。

もしあの時核心をついた問いを訊かれたなら、わたしはこう答えただろう。
「今は大学もあるし、卒業したら東京で就職するつもりです。未来のことは考えられません」

入学して丸二年。必修単位に苦戦してきた日々を思い出す。大学生活をむだにできるはずもない。

卒業して就職する。それは世間知らずな学生にすぎないわたしが、社会に出て自分の可能性をためすチャンスだった。
経済力をつけ、それを元手に、夢をかなえる手段だった。それをする前に人生を決定づける選択をするなどあり得なかった。

もし誰かが二十歳の女子大生と結婚を望んでいたら、卒業後どうするつもりかぐらい普通は訊くものだろう。滞在中のわたしにその質問がされることはなかった。

地方と都会は違う? いやいや。彼のお姉さんは地元を出て、都心で働いているではないか。

わたしは三日目、予定通り東京に帰った。ふわふわした気持ちと少しのもやもや感をいだいて。

あれから手紙も来たし、返事も書いた。しかし都心で送る大学生活の臨場感は強く、あの三日間も私の中で遠い記憶となっていった。

順調に単位を取得し大学を卒業したわたしは、予定通り就職した。当時は思いもしない仕事に就き、さらに思いもしない転職もした。いつでも自分の生き方を誇れるように、とベストを尽くしてきた。

やがてわたしは彼とはもう会わないことを選び、それまでにもらった手紙や写真、ビデオを捨てた。
答えは既に、あの三日間で出ていたことに気付いた。数年後、人づてに彼に妻子ができたことを聞いた。

人生ゲームは車にピンを立ててマスを進めていく。そのほかに、どう転ぶかわからないルーレットで勝負するかを選ぶ瞬間がある。ゲームでは人生最大の賭けは最後のほうに出てくるのだが、私の人生ではもう少し早かったようだ。

二十歳のわたしは、目の前に差し出された平穏を選ばなかった。わたしが人生で試してみたいことをなにより優先することができた。初めての失恋の渦中で、モテ期を捨てて、将来のルーレットを回すほうを選んだ。

その選択をした時、わたしはもはや小娘ではなかった。こんな自分ならきっと、願った以上の挑戦をしていける、そんな気がしたのだった。

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply