筆の毛先をどこでコントロールしますか?

ピアノ演奏は、10本の指を駆使し、二つのペダルを使い分ける、とても複雑な動作を必要とします。2段、3段の楽譜に、それはもう音がたくさん!こんなにたくさんの音符を一瞬で弾くんですからね。一つ一つをコントロールしようとしても、とても身が持ちません。頭がパンクします。でも、実際は音楽を頭の中で考えて、体が動きますよね。指の複雑なコントロールも、一瞬でたくさんのことが行われています。それは、書道の筆の毛先は、...

続きを読む

信頼に飛び込む 降参してください ジェレミーのレッスン

26日はジェレミーのクラスでした。レッスンに手を挙げて、私はピアノを弾きました。相変わらずショパンなのですが、1楽章の最後のチャレンジングなフレーズです。左手でトリル。右手で分散和音。これが無窮動に続きます。協調をお願いして自分なりに弾いてみます。ここから一問一答 &(心の声)。左手で多く力を入れている理由は?左手だけでなく、体全体で弾きたいと思って。(自分ながら意味不明だ💦)なにか、動きと演奏を...

続きを読む

エフィカシーを上げる 能力を上げたいなら、あげている人に会え!

コーチングに、セルフエフィカシーという英語が出てきます。日本語では自己効力感と言われています。これは、やさしくいうと、自己評価、自信のようなものです。たとえるなら、演奏前に、自分ならなんとかできるだろう、と思える類の自信です。絶対優勝する自信がある、みたいな自信ではありません。自信がある、自信がつく、というのは、コーチング上、明確な言葉ではないのです。この、効力感、エフィカシーが高ければ、能力を高...

続きを読む

決めの音で下へ行かない!ショパンのコンチェルトでレッスン

今日は、新年初のアレクサンダーテクニークのクラスでした。講座の間、いろんな話が出ましたが、私は今日のアクティビティにピアノを弾きました。まあ、ほぼいつもなんですが。見てもらったのは、16分音符のユニゾンではないが揃えてひく二拍と、アルペジオで和音が1拍。それが何回か続くフレーズです。 弾いてみて、音はよかった。でもなんかしっくりこないのです。やすひろ先生に言われたこと。一つは、16分音符を弾く指...

続きを読む

2017年始動!大志を抱け

あけましておめでとうございます。新年のブログ更新が、遅くなってしまいました。中学3年がいるため、親子で冬休みもない状態でした。正確には明日までお休みです。大志を抱け、といきなり大きく出ましたが、実際に、中3の夏くらいに子が大きな目標を持ってから、意欲の上向き加減がすごかったので、最近はそのことばかり考えていました。それまでも勉強していましたが、ゴールもなくよく頑張れたね、という感じです。(ひどい)あ...

続きを読む

プロフィール

かおり

Author:かおり
美しい音を探求するピアノボディスクール
グランドピアノと骨格標本を使った講座・レッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっといい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活しました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

無料メルマガ登録

美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ページの先頭へ戻る