| 

自分自身であること≠こうあるべき自分

05/18
今日は久しぶりに、レッスンの体験記を書きます。ちなみに、本日より養成コースの第二段階に入りました。

YSK(ユースケ)さんとの授業でした。

いつもは、楽譜を用意して、ここをこう弾きたいです!と言ってピアノでレッスンを受けていた私。
用意万端な優等生でした。今日はそれをやめます。

最近、合宿に行ってTommyのクラスに出たり、、通訳せず授業に参加したりして、いままで自分がやっていたことが、なんか違う、という気がしていたので、パターンを破りたかった。

今日は、ノープランで、ピアノを弾きたいです!と手を上げました。

さてなにが起こるでしょう?


最初の演奏は、静かでいて、じわじわと内からくる喜びがありました。

既に素敵ではあります。

本題は、もっとエキサイトするフレーズも、そういうピュアな喜びに飛び込んでいけるか、です。

これからやることを考えると、エキサイトしてきます。

後ろで見ていてくれるクラスメートも
自分もそのエキサイトに含まれていますか?
ピアノの黒い面に、みんながうつっているでしょ?

!!!

すぐに弾かず、そこで弾かないでいてください、と言われました。

すると、エキサイトの前の静けさ、がビンビン感じられます。

それがおいしいんだよ。

???

自分の前も後ろにも。
めっちゃ見られているけれど、それは味方になるもの。
自分の好きなことをできる、安全な場所にいるんだよ、と言われました。

それで弾いてみました。

自分の手ごたえは少ないのに、とっても推進力のある音楽になっていました。

むしろ、勢いがよすぎて、自分のほぼ最速でした。

それでも弾いてはいました。

なにこれ?
ふえー!?
ピアノに映る自分のシルエットは、初めて見るようなものに感じました。

→自分イケてるじゃん!と思えました。


私が気づいたことは。

自分であり続けて、エキサイトを受け入れて、
その結果、イケてるやん!となるということ。

イケている状態とはこう見えるだろう、と決めつけて、
それを見えるように作ろうとしていました。

ようするに、ええかっこしー、ですね。

最近のクラスで自分の感情と向き合ってきたことが、
こういう気づきにつながりました。

帰り道にまたいろいろ気づいてしまって、考えが止まりません。

自分にYESを出すってこういうこと?

今日は弾いてみてよかった!!

響き渡るラ・カンパネラ レッスンのご感想

04/19
生徒さんのご承諾をいただけたので、個人コースのご感想を紹介します。

全体のご感想:

体の軸の部分が演奏にとって大切なことがわかりました。

演奏に必要な筋肉や、力を抜くため、ほぐすためのエクササイズなど、参考になりました。

驚くほど弾いているときの体や腕が楽になってびっくりしました。

引用終わり

美しい音を探求するピアノボディスクールでは、ピアノを弾くためのボディマップで全身を網羅し、実際に演奏なさりたい曲を弾きながらレッスンをしていきます。

今回コースを終えた方は、毎回ラカンパネラを弾かれました。

間近で聞いていて、毎回の変化に感動してしまいました。

個人コースでは、レッスンでやったことを次のレッスンまでに生徒さんが練習することで、格段の向上が可能となります。

手元でなっていた音が、大きなドーム状に響くようになりました。

楽に鍵盤が沈むようになりました。

トレモロや連打、半音階、オクターブなど、ラカンパネラの難しいフレーズがすべて改善してしまいました。

ペダルを踏んでも演奏が安定しました。

楽譜を見るときの視野が広くなりました。

より繊細なタッチと、美しい響きが実現しました。

腕や腰にに無理がかからなくなりました。

数え上げればきりがありません。

最終日は、中庭でもワークしました。外に出る際、廊下を歩くとき、階段を降りる時も応用のレッスンができました。

脚が軽い!
靴音がしなくなってしまいました!

私もびっくりです。

このように、日常生活の動作も一緒に改善してしまうのが、スクールの特長でもあります。

私自身、6:45に出る家族のお弁当作りが始まり、朝は死んでる~と言っていましたが、1時間のレッスンを終えると、治っていました!!!

生徒さんがリストを弾けて、私も軽くなってしまう、素晴らしい時間でした。


脱力でもなくて、これは何というのでしょう?ぜひご体験ください。

美しい音を探求するピアノボディスクール、5,6月のお申込みもお待ちしております。

個人コース開講中です!5-6月開講日程更新!

04/14
東京では桜も満開がすぎ、やっと春らしい温かさがやってきました。

現在、美しい音を探求するピアノボディスクールのレッスンをしています。

受講生の方は毎回素晴らしい変化をとげていらっしゃいます。
そこまで?!と正直私が驚いてしまうことがしょっちゅうあります(うれし涙)。

古い思い込みに気付き、新しい可能性が開かれた時、生徒さんの表情がなんとも素晴らしい笑顔になることがあります。それは作った表情ではなく、自然と湧き上がってくるものなのはまちがいありません。

個人コースは、3週間ほどのあいだに複数回いらっしゃることで、次のレッスンまでに実践していただけるため、効果が高まります。

練習中の新しい疑問も、次の回で質問していただけますので、より有効にレッスンを利用していただけます。

もちろん、私としても、生徒さん個人の傾向を把握することで、次回にはより即したレッスンを準備していきますよ!

というわけで、複数回の個人レッスンの効果をより高めるために、個人コースを4回制にすることといたしました。

従来通り3回でもお申込みできますが、ソロの多いピアノ演奏にあった、応用や本番対策にかける時間を設けたいと考えました。

受講をご検討の方はぜひ新しいHPをご覧下さい。


5-6月の開講日程をアップいたしました。

他人のために働く脳

03/20
私は通っている学校で通訳をしています。

講義の通訳がほとんどです。
短いクラスでも3時間あるのが普通です。

今日は祝日ですが、いつもと違う授業がありました。
やはり3時間です。

15分から20分くらいの休憩を間にはさみますが、
3時間は短くはありません。

ほかのことを考えたり、ちょっと集中を失う時が、
人間ならあると思います。

私も受講者なら正直そうです。英語を理解するとはいえ、自分のためだけに3時間聴いていられるか、と言ったら、NOです。

ですが、通訳をしている時は、ずっと先生の言うことを聴いているんです。不思議です。(手前みそながら、通訳という、難解な作業を一瞬で行ってさえいるのです。)

ほかの人が介在するからこそできるのだと思います。自分がやっていることが、授業を成立させているのですから。

子どもがいる人なら、親として、このためならできる、ということがあります。

生徒さんがいると、教えている立場では自分のためなら思いつかないグッドアイディアが湧いてくるのです。

人間って素晴らしい!

あんたが大将!コンチェルトの推進力

03/13
車の中では最近ずっとコンチェルトのCDを聴いています。

ツイートもしましたが、ああ、ここだよここ!
そうだったのね!

と、レッスンでできるようになったこと、楽曲のすばらしさなど、いろんなことが感じ取れて、涙が流れることがあります。

おそらく、2016年度はピアノ練習で50回、ピアノを弾いていないときには100回くらい涙を流したと思います。いい涙です。

土曜日の夕方のことです。また運転しながら聴いていました。

これって、ピアノコンチェルトを推進する力って、ピアニストの望みじゃない?と、気づいてしまいました。

そういえば、レッスンの原動力は生徒さんにあるんだよ、とジェレミーが言っていたけど、コンチェルトも同じだ!

もちろん協奏曲ですから、協力して演奏します。みなさんがバックアップしてくれます。コンマスもマエストロもいてくれます。

それでも、ピアノコンチェルトにおいてはピアニストが牽引力。
ピアノ、というより、ピアニストが、です。

あんたが大将。

その事実を確認すると、自分に力が満ち溢れませんか?
プロフィール

かおり

Author:かおり
アレクサンダーテクニーク研修生によるピアノレッスン
グランドピアノと演奏に役立つ解剖学を使ってレッスンをしています。
HP kaorikitagawa.jimdo.com
もっと上達したい、いい音を出したい、楽に弾きたい、練習しても思うように弾けないというを方を、ピアノを弾く立場からナビゲート致します。

私自身、幾度も行き詰まりながら、再びピアノを弾けるまでに復活し、念願のオーケストラとの共演も果たしました。

アレクサンダーテクニーク教師養成コース研修生として、美しい音と心と体にやさしいピアノ演奏を探求中。
Body Thinkingコーチ。

クラシックをメインに、ソロコンサートなど演奏活動をしています。

TOEIC970・日英通訳。

ジュリア・キャメロンのモーニングページ、アーティスツウェイを唱道しています。

ツイッターアカウント@kaorilavender

英語
アレクサンダーテクニーク
一人の時間を大切に

最新記事
無料メルマガ登録
美しい音を探求するピアノボディスクール
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム